粃糠性脱毛症とは?

 粃糠性脱毛症は、要するにフケによって起きる脱毛のことです。何らかの理由で大量のフケが発生して毛穴が詰まると、頭皮の常在菌がそこで異常繁殖して炎症が起きます。その結果、毛根がダメージを受けて脱毛が起きるのです。大量のフケが発生する原因はいろいろ考えられますが、刺激性の強いシャンプーの使用により、皮膚表面が乾燥した結果起きることが多いと言われています。またアレルギー疾患との関係も指摘されています。粃糠性脱毛はAGAと違って男性ホルモンは無関係です。ですから女性にも起こります。
 治療ですが、いわゆる育毛剤やAGA治療薬は粃糠性脱毛症には効きませんし、むしろ症状を悪化させる可能性の方が高いです。プロペシアは男性ホルモンに働きかける薬なので、男性ホルモンと無関係な脱毛には効きません。またミノキシジルは頭皮の血管を拡張させるので、炎症を余計悪化させる可能性があります。
 粃糠性脱毛症の治療によく使われるのは、ケトコナゾールという抗生物質です。脱毛の原因は常在菌の異常繁殖による炎症なので、抗生物質を塗布することによって炎症を抑えることが、治療につながるわけです。ケトコナゾールはそのほかに、脂漏性脱毛症にも使われています。脂漏性脱毛症は皮脂の異常分泌と、皮脂を栄養源とする微生物の異常繁殖によって起こる脱毛です。そもそもの原因は違いますが、微生物の異常繁殖による脱毛という点では粃糠性脱毛症と同じなので、ケトコナゾールが効果を発揮するのです。その他の薬として、炎症を抑えるためにステロイド外用薬も使われます。
 薬以外の予防策としては、洗髪の際に刺激の強いシャンプーの使用を控えることがあげられます。また脂っこいものを食べると症状が悪化しやすいとされているので、食生活の見直しも必要です。